LINEモバイル・ソフトバンク回線の通信速度が低下【2018年11月】

ソフトバンク回線で通信速度が低下傾向に

10月末から本田翼のLINEモバイルのテレビCMが一気に増えました。契約者数も増えているため、11月に入って通信速度にも影響が表れているようです。

11月18日の日曜日の12時台、久々にLINEモバイルのソフトバンク回線でスピードテストを行いました。

速度計測はGoogle検索で表示されるインターネット速度テストとFast.comのサイト、そしてRBBスピードテストアプリを使用。

すると目を疑うような数字が・・・

余りの衝撃で、残念ながらキャプチャー画像を残し忘れてしまいましたが、速度計測結果は3つとも「1.1~1.4Mbps」しか出ていません。

9月、10月では計測することがなかった速度です。

LINEモバイルのソフトバンク回線では12月まで「格安スマホ 最速チャレンジ」を行っていますが、1Mbps以下に落ちるのは、もう時間の問題かもですね。

キャプチャーは11月18日の最速チャレンジのページに掲載された速度で、18時台は「2.6Mbps」、12時台には「1Mbps」を少し上回るグラフが表示されていました。

12時台と18時台を除けば、土日も平日も「20Mbps」を上回る速度が計測されていますし、実際に筆者のスマホでも午前・午後・夜間とも「30~50Mbps」くらいの通信速度が出ています。

多分、ワイモバイルとUQモバイルを除けば12時台と18時台の速度は格安SIMの中では最速なんだろうと考えます。

LINEモバイルのドコモ回線ではなく、本家のNTTドコモSPモードで速度計測をしても、お昼から夜まで「8~14Mbps」程度しか下りの通信速度が出ないので、12時台と18時台以外の時間帯ではLINEモバイル・ソフトバンク回線の方が圧倒的に速度が出ます。

LINEモバイルのソフトバンク回線利用者としては、12時台と18時台でもう少し速度が出るように頑張ってもらいたいところです。

2018年11月の時点では、LINEモバイルにして損したとか、失敗した、なんてことは他の格安SIMと比べると全く感じないはずです。

 

LINEモバイル・乗り換え応援キャンペーン

他社から乗り換えでLINEポイント10000ポイントが貰えるキャンペーンが12月23日まで行われています。2019年1月22日まで

キャンペーン期間中にLINEモバイル公式サイトの申込ページにキャンペーンコード【TMTM0303】【TMTM0404】を入力して、音声通話SIMを選択し、MNP転入から申し込んでください。

登録事務手数料が無料になるAmazonでLINEモバイルのエントリーパッケージを購入して、16桁のエントリーコードとキャンペーンコードを併用しても利用できます。初期費用を抑えたい方にはおすすめです。

現在、LINEモバイルの公式ページには何も案内が掲載されていませんが、当サイトを訪問して下さった方にお得にLINEモバイルへNMPして頂きたいのでお知らせです。

できれば、キャンペーンコードの入力はこちら↓↓↓からどうぞ。

 

タイトルとURLをコピーしました