スポンサーリンク

ソフトバンクホークスからレオパレスのスポンサー広告が消えた

3月2日の阪神タイガースとのオープン戦から、ソフトバンクホークスのヘルメットに貼られていたレオパレス21のスポンサー広告ロゴがなくなりました。

ソフトバンクホークスとレオパレスとのスポンサー契約は、2018年度シーズン期間中(2018年3月23日~2019年1月末日)となっていました。

が、2月1日からのスプリングキャンプ中もずっと、ヘルメットにはレオパレス21のロゴが貼られていて、またキャンプ地の宮崎・生目の杜運動公園にあるアイビースタジアム3塁側スタンドの上にもレオパレス21の広告がドデカく掲げられていました。

ソフトバンクホークスのスポンサー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

消えていくレオパレス21の広告

上の画像は今年(2019年)、ヤフオクドームのオープン戦で配られたみずほフィナンシャルグループのクリアファイルの一部分です。

ヘルメットにはレオパレス21のロゴがあります。

しかし3月2日のオープン戦からはレオパレス21のロゴがヘルメットから無くなっていました。3月6日の時点では、ソフトバンクホークス球団からスポンサー契約についての新しいお知らせはありません。

今シーズンはどのスポンサーのロゴがホークスのヘルメットに貼られるのでしょうか?

 

通常でしたら、この2月3月はレオパレス21のテレビCMが大量に流れているはずですが、昨年5月、テレビ東京がガイアの夜明けでレオパレスの施工不良問題を放送して以降はいつの間にか全くと言って良いほどレオパレスのCMを観なくなりました。

既に昨年3月ソフトバンクホークスとスポンサー契約を結んだ頃には、今回の施工不良問題が発覚していたのにも関わらず、今年2月のスプリングキャンプまで広告を出し続けていた訳です。

たまたま筆者は昨年5月29日のガイアの夜明けでレオパレスの施工不良問題を取り上げた2回目の放送を観ていたので、6月の交流戦以降はソフトバンクホークスのヘルメットにレオパレスのロゴがいつまでも貼られていて

大丈夫なの?

と、ホークスとレオパレスのどちらに対しても思っていた次第ですが、ようやくレオパレスとのスポンサー契約が終了してヘルメットからレオパレスロゴが消えました。

 

レオパレスと広瀬すずの事務所にトラブルか?

ヘルメットにロゴがあるだけでも球団のイメージ的にマイナスとはならないのだろうかと心配していましたが、それよりもレオパレスのテレビCMに出演しているタレントさんの方が重大でした。

まあ、ソフトバンクの携帯電話を契約したことがある一部の方には悪いイメージが付いていますが・・・・

多分、レオパレスのテレビCMは去年秋以降は流れていないように思いますが、2015年からメインキャラクターとしてレオパレスのCMに出演していた「広瀬すず」に対する一定のイメージダウンは避けられません。

デイリー新潮の報道によると、広瀬すずの所属事務所が

「今年の2月5日、『ガイアの夜明け』第3弾が放映されました。ここで広瀬の事務所が態度を明確にします。広瀬のイメージ低下とほかのCM出演企業への配慮から、レオパレスにCM契約中止を申し入れました」

これに対し、レオパレス側は“違約金を請求する”という態度に出た。が、その後、国土交通省の調査を受け、レオパレスの社長は謝罪。逆に広瀬側が謝罪と違約金を求めることになった。

とのことです。

ソフトバンクホークスのヘルメットの場合とは逆ですが、ホークス球団としてはスポンサー料を頂いている以上、影響が少ないと判断して契約終了まで広告を残したのでしょうか。

 

まとめ

3月、スポンサー契約の終了をもってソフトバンクホークスのヘルメットからレオパレスの広告が外れました。

例年、2月3月はレオパレスのCMが大量に放映されていますが、今年は全く観なくなりました。

テレビ東京「ガイアの夜明け」で放送したレオパレス物件の施工不良問題が発覚して以降、テレビCMがなくなっていました。

レオパレスの社長は取材やコメントを拒否していましたが、今年2月に会見を開き謝罪をしました。

その後、メインキャラクターとしてCMに出演していた広瀬すずの所属事務所側がCM契約中止を申し入れ、レオパレス側と違約金をめぐり対立している。

国土交通省からレオパレスに対して夏までに全棟の改修工事を終えるようにと求められています。

ソフトバンクホークスのヘルメット広告をはじめテレビCM広告が無くなるだけではなく、レオパレス21自体が消えて無くなるかも知れない様な岐路に立っていると感じます。

タイトルとURLをコピーしました