スポンサーリンク

0円マイカーは本当に購入費用なしでも車両オーナーになれるのか?

0円マイカーとカーシェア

「0円マイカー」は、自分がクルマを使っていない時間に、エニカ(Anyca)でカーシェアすることで、購入費0円でマイカーの様に使える仕組みだということです。

条件付きとなるけれどもマイカーの様に使えるクルマをエニカが提供するって、果たして0円マイカーとはマイカーなのか、カーシェアなのか、何なのか・・・、本当にタダで車が持てるのか?

ちょっと調べてみました。

 

スポンサーリンク

0円マイカーとは

「0円マイカー」とは、DeNAとSOMPOホールディングスが共同で設立する会社「DeNA SOMPO Mobility」が所有するエニカ(Anyca)のレンタカーを一定の時間だけ借りられる仕組みです。

0円マイカーには2つのプログラムがあって、1つ目は駐車場を用意してレンタカー登録とカーシェア受け渡し用機器の取り付けをした車を管理するもの。

2つ目は自分が所有する車をレンタカー登録とカーシェア受け渡し用の機器取り付けを行って車を管理するもの。

つまりカーシェア用の車両を自分の駐車場などで管理する代わりに、一定の回数を無料で利用できたり、自分の車をカーシェアすることを条件に毎月定額が支払われるカーシェアリングのシステムです。

2019年2月末の時点では、オーナー募集の事前登録が始まったばかりで、一定回数が何回なのかや、定額の金額については詳細が案内されていません。

この新しい仕組みで、「0円に近い実質負担でマイカーが持てる世界を疑似体験していただき、個人間カーシェアの普及につなげる」ということです。

使いたい時にクルマが使えないのは困るといった人には、毎月の月会費が0円プランもあるカレコのカーシェアはどうですか?

 

0円マイカーは「わナンバー」

0円マイカーはエニカ(Anyca)のカーシェアリング用のレンタカーとなるので、ナンバーは「わナンバー」になります。

自分が所有する車を0円マイカーにした時は、レンタカー登録時にナンバーが「わナンバー」に変更となって、車検期間が1年毎、新車の場合は2年毎などに変更になることがあります。

0円マイカーを配るのは東京23区が優先

0円マイカーはエニカ(Anyca)のカーシェア予約が入りやすい東京23区などのオーナーから優先的に配られます。

また2月末時点では、どういった車種が0円マイカーとして配られるのかも分かりません。アンケートに答えて0円マイカーに事前登録できるようになっています。

ちなみに個人間カーシェアのエニカで公開された維持費の軽減率が最も大きい車種は、1位トヨタ ノア 98%、2位トヨタ アルファード 79%、3位レクサス RX 76%という結果でした。

維持費用は自動車税、車検費用、駐車場代、車体メンテナンス費用などで車体の購入費用は含まれていません。

配られる0円マイカーの維持費としては、駐車場代と自分が利用した際のガソリン代が考えられます。

0円マイカー・オーナー募集 | Anyca (エニカ) カーシェアリングアプリ
ついにカーシェアすることで、0円でマイカーのように使える時代に!0円マイカーのオーナーを募集します。

 

まとめ

「0円マイカー」には2つの仕組み(プログラム)があります。

1つ目のカーシェア用のレンタカーが貸与される方のプログラムは、駐車場があれば基本的に維持費用なしで車が一定時間利用できるため、「0円マイカー」といってもあながち外れてはいませんね。

2つ目の自分が所有する車両をエニカに貸し出して毎月定額をもらう方のプログラムは、レンタカー登録が必要なため「わナンバー」に変更になること、必ずしも維持費軽減率が100%にはならないため、ほとんど使用していないけれども需要がありそうな車でもなければメリットは薄いかも知れません。

また「0円マイカー」は、従来からエニカ(Anyca)で行っている個人間カーシェアとは違います。両プログラムとも管理している車をカーシェアに出す必要があるため、自分で車を使える時間には制限があります。

タイトルとURLをコピーしました