ヤフーもアプリでスマホ決済|ソフトバンクと「PayPay」に

スポンサーリンク
ads728

ヤフーのスマホ用アプリ、「Yahoo! JAPAN」にQRコード・バーコードを使ったスマホ決済機能が追加されました。

筆者の記憶では、ヤフーのアプリ内にコード決済機能を追加するとのアナウンスは、スマホ決済やキャッシュレス化といったニュースが流れていた2,3か月くらい前にすでに発表されていたと思います。

楽天Pay やLINE Pay 、ドコモのd払いといったコード決済サービスには後れを取りましたが、ヤフーでもQRコード・バーコードによる決済サービスのスタートです。

スポンサーリンク
ads336

【追記 7/31】

7月27日には「PayPay」(ペイペイ)を2018年秋からサービス開始すると発表。これによりこの記事にあるヤフーが提供している「Yahoo!ウォレット」のスマホ決済機能は提供を終了します。

ソフトバンクとヤフーのQRコード・バーコードによる決済サービス「PayPay」は、「PayPay」専用アプリと「Yahoo! JAPAN」アプリから利用できるようになります。

ニュースなどで報じられているように、現在、店舗側が負担する決済手数料を開始から3年間無料するなどの施策を展開して大手小売店から小規模店舗まで加盟店開拓を行っているようです。

使える店舗がどこまで増えるかが課題

このヤフーのQRコード・バーコード決済ですが、今のところ「ヤフーペイ」といったようなネーミングはされていません。「ヤフーアプリで簡単に、町のお店の支払いにYahoo!ウォレット、Yahoo!マネーが使えます」といった感じで紹介されています。

「Yahoo!ペイ」や「Yahoo!Pay」といった名称にした方が他にも「○○Pay」があるので分かりやすそうだし、普及しやすそうだと思ってしまうのは筆者の浅はかな考えなのでしょうか?

そしてこの記事を執筆している時点(2018年6月6日)では、街中でこのヤフーアプリのコード決済が利用できる店舗はなくて、ソフトバンクホークスの2軍球場施設内の店舗のみです。

6月8日には上新電機、12日にはヤフオクドーム内の飲食や物販店舗で利用できるような予定となっています。それ以降の対象店舗も急激には増えないので、本格的に普及するのは来年以降と言った感じがします。

せめてローソンで利用できるようになれば、先行するLINE Payと楽天Pay にも少し対抗できるのかな?とは思いますが、ドコモのd払いと同様にコンビニで日常的に利用できないとなると当分の間は利用者も決済金額も増えずに苦戦するのではと考えます。

スポンサーリンク
ads336

ヤフーのコード払いの支払方法

QRコード・バーコードをスマホの画面に表示してお店のレジで読み取ってもらうだけのかんたん決済ですが、予め「Yahoo!ウォレット」にクレジットカードの登録するか、「Yahoo!マネー」にお金をチャージしておく必要があります。

登録できるクレジットカードはVISAまたはMasterCard。Yahoo! JAPANカードだけはJCBも登録ができます。Yahoo!マネーで支払う場合には、利用登録をした後に銀行口座やコンビニでお金をチャージしておきます。

利用登録も実際に支払う時も、まずヤフーアプリの画面の一番下にある「サービス」をタップします。サービス一覧画面の一番上にある「支払い」「支払い管理」から行います。

まず初回は「支払い管理」がら登録を行ってください。支払う時は「支払い」をタップすればQRコード・バーコードの画面が表示されます。

また2018年秋ごろの予定とされていますが、店舗側のQRコードをヤフーアプリで読み取り、ユーザーが金額を入力して料金を決済できるようにもなるということです。

その場合は店舗には読み取りの端末などの設置がいらなくて、QRコードをレジなどで表示できるようにしておけばヤフーアプリのコード払いの決済ができるようになります。

また、Yahoo!マネーにチャージする方法は、コンビニチャージ、口座からチャージ、ヤフオク売上からチャージの3通りがあります。

Yahoo!マネーにチャージできるコンビニは、ローソン・ミニストップ・ファミリーマート・セイコーマート・デイリーヤマザキとなっています。

口座からチャージできる銀行は、ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・ジャパンネット銀行や地方銀行を入れて60行以上が登録できます。セブン銀行は利用できないため、セブンイレブンではチャージできません。

すでにクレジットカードやYahoo!マネーの登録が済んでいる人は、「Yahoo! JAPAN」アプリにログインして、画面の一番下にある「サービス」をタップ。サービス一覧画面の「支払い」をタップした後、次の画面で「支払いの準備」をタップすると、SMSで認証コードが届きます。入力欄に数字を入力すれば、QRコード・バーコードの画面が表示されます。以降は支払い時に「支払い」をタップして、そのコード画面を読み取ってもらえば買い物や飲食の利用代金の支払いが即時完了します。

スポンサーリンク
ads336
ads336

フォローする