タカガールユニをゲットするなら東京ドームにタカガールジェットで

2019年のタカガールデーは東京ドームでも初開催。今年のタカガールユニフォームは6種類のデザインから選手とWEB投票5万票から選ばれた「Flare」(フレア)、今までのタカガールユニフォームとちょっと違う迷彩柄っぽい感じに仕上がってますね。

タカガールユニホーム2019

 

タカガールユニをゲットするなら東京ドーム

4月22日のオリックス戦は「タカガール♡デーinTOKYO」として東京ドームで開催。国歌独唱は川嶋あいさん、始球式は鈴木伸之さんです。

ヤフオクドームのタカガールデーのチケットは、タカガールユニホームがチケットを持っている女性全員にプレゼントされるので毎年の様にプレミアムチケットとなっています。

でも今年は東京ドームでも「タカガール♡デー」を開催、はっきり言ってチケットが取りやすいです。

 

「タカガール♡デー」はホークスファンの女子(タカガール)が毎年楽しみにしているドーム内がピンク一色に染まる祭典。

ジェット風船もピンクです。

元々は「女子高生デー」として2006年に始まったイベントで、当日、女子高生の入場者にピンクユニフォームを配布して応援してもらっていました。

しかし、次第に明らかに女子高生ではない女性ファンがピンクのユニフォームを着ているのが目立つようになり、2014年からは女性の入場者全員に「タカガールユニフォーム」をプレゼントする、鷹の祭典と並ぶチケットが取り難い試合となっています。

当日、東京ドームのタカガールデーに行くホークスファンの男性は心構えが必要かも知れません。ヤフオクドームではタカガールデーの観客はたぶん8割以上が女性です。

スポンサーリンク

ヤフオクの「タカガール♡デー」は2DAYS

「タカガール♡デー」は2018年までは毎年ヤフオクドームで1試合のみでしたが、2019年は東京ドーム1試合、ヤフオクドームで2試合が開催されます。

ヤフオクドームの「タカガール♡デー」は5月11日と12日、千葉ロッテ戦。

2日間となってタカガールユニフォームがゲットしやすくなりましたが、チケットは両日とも残りわずかの様です。今年から始まったAIチケットだと席が取れる可能性が高いかも知れません。

5月11日の始球式は岡田健史さん。12日は現在未定です。

ホークス選手が着用するユニフォームは、もちろんタカガールユニフォームではありません。3月に発表された「ピンクリボンユニフォーム」となります。

「ピンクリボンユニフォーム」を着用するのは、ピンクリボン運動にちなんだ取り組みの一環で、現千葉ロッテの鳥越コーチがホークスのコーチをしていた2009年から継続して行われている乳がんの撲滅と早期発見の呼びかけています。

東京ドームのタカガールデーでは、選手は通常のホーム用のユニフォームを着用します。

 

タカガールジェットが運航開始

タカガールジェット

4月11日から2代目タカガールジェットが運航開始しました。初代は2017年5月から2018年9月まで就航していました。2代目タカガールジェットは2020年4月ごろまでの運行となっています。

しかし、タカガールジェットの運航は前日まで分かりません

この点が残念なところ。

東京-福岡間だけでなく、この機体を使用するスカイマークのすべての路線でタカガールジェットに乗ることが出来ます。

使用する機体はボーイング737-800型機。1番機は11日朝、福岡空港発羽田空港行で、第1便の搭乗客には記念品が手渡しされていました。

たぶんほとんどの搭乗客は、偶然タカガールジェット1番機に当たったと思います。

タカガールジェットは外観のラッピングだけでなく、機内もタカガール仕様。

搭乗と降機時には福岡ソフトバンクホークスの応援歌「いざゆけ若鷹軍団」が流れ、ヘッドレストカバーはピンクのタカガール仕様。

CAさんもタカガールユニフォームを着用し、タカガールキーホルダーとタカガールジェットの模型も機内販売されます。

 

まとめ

ソフトバンクホークスの2019年タカガールデーは、初の東京ドーム開催を含む3試合。東京ドーム開催は4月22日。ヤフオクドームは5月11日と12日。

スカイマークのタカガールジェットは来年4月まで運航を予定しています。羽田⇔福岡便以外でもタカガールジェットは使用されるため、どの路線で搭乗できるかは、運航前日にスカイマーク公式サイトで確認が必要です。

例年通り女性の入場者全員にタカガールユニフォームがプレゼントされます。男性はNGですが、中間の方もいるのでタカガールユニフォームが必要な方はスタッフに問い合わせてみるか、近くにいる女性に頼んで代わりに交換してもらってください。

選手当日が着用するユニフォームは、東京ドーム開催はホームユニフォーム、ヤフオクドームではピンクリボンユニフォームとなります。

ピンクリボンキャップとピンクリボンヘルメットも着用。1塁2塁3塁ベースとネクストバッターズサークルをピンクリボン仕様に変更されます。

2019年のスローガンは「とどけ、ピンクのエール」

 

タカガールデーのヤフオクドームは4分の3が女性でした

2019年のタカガールデー(ヤフオクドーム)は1勝1敗。11日土曜日は先発の千賀が苦しみながらも、今宮とデスパイネそして松田のホームランで4-2で勝利した。

12日母の日は序盤4-0と、デスパイネと今宮の2試合連続ホームランでリードしたものの、リリーフ陣が逆転を許して4-5でロッテに敗れた。

今年のヤフオクドームのタカガールデーは満員御礼の観客の約75%が女性客で、両日ともスタンドがピンク一色に染まった。

4万178人の入場者の内、11日は女性が3万950人、12日は女性が3万312人で入場者数3万人超を占めました。

12日の始球式はEXILE黒木啓司さん、球速は107キロで暴投かと思うほどの外角高めにいったがキャッチャー甲斐がキャッチ。始球式と言えばメンディーの球速133キロには及ばなかった。

11日の始球式は岡田健史さんが球速117キロを計測してタカガールも大歓声を上げた。またこの日は試合終了後に「勝利の花火」も見られて大満足なタカガールデーとなりました。

 

タイトルとURLをコピーしました