「Spotify」音楽ストリーミング配信サービス

スポンサーリンク
ads728

「Spotify」(スポティファイ)は、ここ数年で日本でも利用者が増えている音楽のストリーミング配信サービスの一つで、日本では2016年11月にサービスを開始しました。

先行して始まった Apple Music、Google Play Music、LINE MUSIC などは定額制の有料配信サービスですが、Spotify には月額制の有料プランと無料でも手軽に音楽を一日中楽しめるプランの2つがあります。

サービス開始当初は Spotify を利用するには招待コードが必要でしたが、現在はPCサイトまたはアプリをダウンロードしてメールアドレスなどを登録すると直ぐに利用開始できます。

スポンサーリンク
ads336

Spotifyは無料でも楽しめる

Spotify(スポティファイ)は月額980円のプレミアムプランと月額料金が掛からない無料プランがあります。

プレミアムプランは広告が無く、楽曲を次の曲に飛ばせるスキップ機能が無制限でできたり、楽曲をダウンロードしてオフラインでも聴けたり、好きな楽曲を選んでいつでも再生できるといったメリットがあります。無料プランでもずっと音楽が聴き放題で、30日間などの無料期間が設定されていたり、無料期間が終了したら自動的に有料プランに切り替わるといった心配がありません。

Spotifyの無料プランでも邦楽・洋楽どちらの楽曲もフルバージョンで再生されます。ただ無料プランにはいくつか制約があります。

スマホで利用の場合は、アルバムやアーティストを選んでも聴きたい楽曲だけをピンポイントで選んで再生することができません。すべての曲がシャッフルして再生されます。

また選んだアルバムやアーティストに似たオススメ曲が割り込むように再生されます。次の曲へスキップが出来ますが、1時間ごとに6回までの回数制限があります。6回スキップすると、1時間経過しないと次のスキップはできません。

PCやタブレットを利用する場合は、1曲ごとの再生ができますが、月に15時間の利用制限と時々30秒広告が流れます。

筆者の場合、日に何時間もSpotifyで曲を流していることがありますが、スマホから聴いている時に広告が入ったことはありません。スマホでSpotifyを利用する時は、Bluetoothでイヤホンに接続して聴いたり、イヤホンジャックからアンプにRCAケーブルで接続してスピーカーから曲を流しています。

〈追記〉

今月(2018年2月3日)、機種変更したため改めて「Spotify」アプリをダウンロードして聴いてみたところ、広告が入るようになっていました。楽曲よりも大きい音量で突然流れるので気になる人には何となく邪魔な感じがするかも知れません。

…と書きましたが、4日目以降2時間以上聴いても広告が入らなくなりました。アプリが自動更新しても広告なしで聴けている状態です。Google Play アプリを更新した時に設定が勝手に自動更新の変えられていたので、再度手動更新に設定しました。

Spotifyの音質

Spotifyの音質は、無料プランの場合は自動音質、標準音質、高音質(160kbps)から選んで設定できます。

プレミアムプランではさらに最高音質(320kbps)に設定して再生できますが、CD音源と比べると音質は劣ります。標準音質よりも最高音質で再生する方がデータ通信容量を消費します。

ハイレゾ音源やCD音源をアップコンバートして聴く音とは同じ曲でも明らかに差がありますが、Spotifyの音だけ聴いていると高音質でも十分楽しめる音だと思います。シャッフルで曲が流れるので、楽曲やアルバムによって録音(音質)の違いも分かります。

Spotify のアプリ

スマホアプリでSpotifyのアイコンをタップすると、「Home」画面が立ち上がります。おすすめのプレイリストやプレイバック、最近再生した項目、ジャンル別のプレイリストが並びます。

画面下のメニューは「Home」の他に 「Browse」「Searth」「Radio」「My Library」があります。

最初「Home」にはSpotifyのおすすめプレイリストが並ぶだけなので、「Browse」からジャンルを選んで聴いてみたいプレイリストやアルバム・アーチストを再生したり、「Searth」でアーティスト名やアルバムタイトルを検索して再生していけば「Home」にこれまで再生した曲に関連するプレイリストや自分のためのMixリストが表示されるようになります。

Spotifyでストリーミング出来るのは4000万曲以上となっています。邦楽は検索しても出てこないアーティストがあるので、プレミアムプランへアップグレードする際は申し込む前に確認した方が良いでしょう。

最近相次いで発売になっているスマートスピーカーの中では、「Google Home」と「Google Home mini」が「Spotify」と連携しています。

自宅にWi-Fi 環境がない場合でも、いくつかのMVNOではデータ消費しないカウントフリーでSpotifyを利用できたり、OCNモバイルONEなどではデータ容量を消費しない低速モードでもSpotifyの高音質で楽曲が再生出来ます。

Spotify の登録はこちら

スポンサーリンク
ads336
ads336

フォローする