三井住友銀行のインターネットバンキング

スポンサーリンク
ads728

三井住友銀行のインターネットバンキングを申し込むと「SMBCダイレクト」が利用できます。SMBCダイレクトは、ATMや銀行まで行かなくても自宅のパソコンやスマートフォンアプリで、残高や入出金明細の照会、振り込みができ、ATMや銀行の窓口が閉まる時間を気にすることがなくなります。SMBCダイレクトを利用した振り込みは、銀行窓口やATMよりも手数料が安く設定されています。

SMBCスタンダードで三井住友銀行の口座開設をすると、SMBCポイントパック(「口座(残高別金利型普通預金)」と「SMBCダイレクト」)に加えて、「Web通帳」と「SMBCデビット」の申し込みも出来ます。

スポンサーリンク
ads336

三井住友銀行のSMBCポイントパック

SMBCポイントパックは、手数料無料の条件を満たすと、ATM時間外手数料・ATM利用手数料が無料になります。

またSMBCデビットでお買い物した金額の0.5%や、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)のログイン(月1回)、三井住友銀行ATMでの入出金(月3回)で貯めたポイントを三井住友カードの「ワールドプレゼント」ポイントと交換できます。

各種手数料無料の条件

  1. 給与受取または年金の受取
  2. 三井住友カードまたはセディナカードの利用代金の引き落とし
  3. 30万円以上の預かり資産残高
  4. Web通帳の契約
  5. SMBCデビットの契約

1~5の手数料無料の条件いずれか一つを「当月」または「当月末」に満たすと、「翌々月」に下記の手数料が無料になります。

  • 三井住友銀行本支店ATMのATM時間外手数料が無料
  • イーネット・ローソン・セブン銀行のATM時間外手数料とATM利用手数料が「月3回まで」無料
  • SMBCダイレクトでの三井住友銀行本支店あて振込手数料が無料

その他、投資信託、外貨預金、SMBCダイレクトにログイン、三井住友銀行ATMの利用、SMBCデビットの利用金額に応じてSMBCポイントパックのポイントが貯まり、貯まったポイントは三井住友カードのワールドプレゼントのポイントに交換できます。

※2018年4月1日からSMBCポイントパックのサービス内容が変更になりました。

三井住友銀行のWeb通帳

Web通帳は、パソコンやスマホから取引明細を確認することができるサービスです。紙の通帳に切替えて利用するため、以降の通帳記帳はなくなります。

Web通帳にするとSMBCポイントパックの条件を満たします。

取引明細は25ヵ月分までWebで表示することができます。必要な場合は取引明細のダウンロードができます。カレンダーで入出金の内容をチェック、引き落し予定の登録、それぞれの内容に簡単なメモを残すことができます。

三井住友銀行のSMBCデビット

SMBCデビットは世界中のVisa加盟店で利用できる年会費無料のVisaデビットカードです。買い物した金額が口座から即時引き落としとなります。利用条件なしでずっと年会費が無料なので他行のデビットカードよりもおすすめ。

「iD」と「Visa payWave」の2つのタッチ機能が搭載されていて、電子マネーと同じようにタッチするだけで支払いが完了します。またチャージは不要です。

残高や明細をスマホとPCで確認でき、前月1日~末日までの利用金額の0.25%が支払口座に自動でキャッシュバックされます。

SMBCデビットの契約で、SMBCポイントパックの条件を満たすため、三井住友銀行のATM時間外手数料、月3回までのコンビニATM手数料、SMBCダイレクトでの本支店宛振込手数料が無料になります。

またデビットカードの偽造・盗難などによる不正利用には、年間100万円までが補償されます。

※SMBCデビットは2018年3月1日からキャッシュカード機能を搭載し、キャッシュ+デビットの一体型カードになりました。(4/18追記)

新しくなったSMBCデビットの記事

三井住友銀行の口座開設はこちら・SMBCダイレクトはこちら

スポンサーリンク
ads336
ads336

フォローする