新生銀行がATM出金手数料を一部有料に変更

スポンサーリンク
ads728

2018年5月2日、新生銀行からATMの出金手数料を「新生スタンダード」ステージで有料化すると発表がありました。

新生銀行は口座の取引状況に応じて、「新生スタンダード」「新生ゴールド」「新生プラチナ」の3段階のステージ制をとっていますが、どのステージであっても2001年から出金手数料を無料としていました。

しかし2018年10月7日から「新生スタンダード」に該当する口座の利用者は、時間・場所・ATM種別を問わず現金引き出し1回当たり108円(税込)の手数料が掛かるようになります。

10月に「新生ゴールド」になるためには、8月に「新生ゴールド」の条件を満たす必要があります。「新生ゴールド」対象条件としては、自動積立型の外貨定期(月々1万円~)、投信積立(月々5000円~)などがあります。
また、「新生ゴールド」のステージ条件に、プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)へのチャージが追加される予定です。

詳細は追ってアナウンスされますが、上記のようなステージ制度の仕組みも変更される予定です。またプリペイドカードGAICAを使って「Visa payWave」の国内加盟店で端末にかざすだけのキャッシュレス決済の利用者増加を目論んでいます。

確かにキャッシュレス化の流れにも沿った優遇措置の変更ではありますが、新生銀行に限らず日銀によるマイナス金利の影響で各行軒並み収益悪化の煽りを受けていて、新生銀行にとってあまり美味しくない顧客の口座に対する無駄な手数料負担をカットし、より収益が見込める資産運用や外貨預金の顧客へのサービスへとシフトされます。

スポンサーリンク
ads336
ads336

フォローする