LINE pay カードの使い方とポイント

スポンサーリンク
ads728

「Apple Pay」もいいけど、

お財布代わりに持ってるとすごく便利な「LINE Payカード」

その基本的な使い方と、普段使いで感じた事をレビュー。

「LINE Payカード」はLINEが発行するJCBのプリペイドカードです。

使用する前に必要な金額をカードにチャージ(入金)しておきます。

またカードにはICが搭載されていないので、

SUICAやPASMOなどのICカードや、

Apple Payやおサイフケータイみたいにかざしての決済は出来ません。

コンビニやスーパーなどお店で使う時はレジの店員さんにカードを渡して支払います。

財布も現金も持ち歩かなくて良いし、お釣りの小銭が溜まらないのが良いです。

本人認証が済ば海外でも使えます。

ネットショッピングは一部店舗を除くJCB加盟店でJCBカードと同じようにお買い物が出来てすごく便利です。

(ローソンなどではLINE Payカードがなくても

LINE Pay のQRコードやバーコードでも決済してお買い物出来ます。)

LINE Pay カードの申込みと利用開始

LINE Payカードの申込みは、

スマホでQRコードを読み込むか、LINEアプリのLINE Payをタップして

申込みページに移動します。

6種類のカードデザインから一つ選び、名前と住所を入力するだけ。

1週間から10日ほどで郵送でLINE Payカードが届きます。

LINE Payカードが届いたら、さっそく利用開始手続き。

送られてきた台紙にあるQRコードかLINEアプリでアクセスして

カード裏面に記載してあるセキュリティーコードを入力するだけ。

あとは、カード裏面に署名してお金をチャージすれば直ぐ使えます!

キャッシュレス生活の始まり!

チャージと使えるお店

LINE Payカードにお金をチャージ(入金)する方法はいくつかありますが

簡単で手間がかからないと思うのは銀行口座を登録して

LINEアプリのLINE Payをタップして

必要な時に必要な分だけ金額を入力してチャージする方法です。

オートチャージも設定できますが

毎日どこかで何か買い物をすることがないならば

購入する前にスマホでチャチャっと入金すれば十分だと思います。

それからローソンのレジでチャージする方法もすごく簡単。

レジでLINE Payカードとチャージしたい金額のお金(1,000円以上1円単位)を手渡して

「チャージ、お願いします」って一言で

すぐにチャージ完了です!

上記の2通りのチャージ方法が面倒くさくなくておすすめです。

実際のお買い物はJCBのマークがあるお店で利用できます。

コンビニやスーパー、ドラッグストア、ディスカウント、ショッピングモール、百貨店、医療機関、タクシーなどなど

本人確認(認証)をしておけば、1日の利用限度額は1,000,000円

もちろんお金をチャージしたらの話ですが。

 

LINE Payカードはプリペイドカードなんですが

実際のところクレジットカードと同じように利用できます。

カード決済ができない店舗が多いのは

飲食店・ファストフード店、病院、移動販売のお店あたりでしょうか?

(私が行っている医療機関では精算機に暗証番号を入力して決済できます)

クレジットカード決済で支払回数を指定できるお店では

支払回数を尋ねられることがありますが

「1回で」と答えればOK!

コンビニやスーパーは自動的に1回払い扱い、

モールや専門店、百貨店などではサインの記入を求めるお店が多いようです。

ネットショッピングではAmazon、Yahoo!ショッピング、ヨドバシカメラ、ビック×コジマ・・・大手は全部使えます。

LINEショッピングから購入できる店舗も使えて当然ですね。

但しデビットカード・プリペイドカードが決済できないオンランショップもありました。

JCB加盟店でも全店で使えるところまではいかないようです。

それから携帯電話料金や電気代の様に

毎月料金が発生するものにも利用できません。

但し、LINEモバイルだけはLINE PayかLINE Pay カードでの支払いで契約が出来ます。

LINEポイントは使った金額の2%

LINE Pay カードの一番メリットはポイント還元率。

100円毎に2ポイントが貯まります。

99円までは0ポイントで、100円から199円まで2ポイント、

200円から299円の利用で4ポイント

といった具合でLINEポイントが貯まります。

貯まったLINEポイントはLINE Payに交換してチャージできるのでお得ですね。

決済からポイントが反映されるまでの期間は店舗によって異なります。

また即時にポイントが付くわけではありません。

通常(キャンペーン以外で)利用で決済金額の2%が還元されるようなクレジットカードはないので

ポイント還元率ではあらゆるカードの中でも高く設定されています。

因みに銀行系のデビットカードは0.2~0.25%のキャッシュバック。

更にお店のポイントカード(WAON POINT・Tポイント・dポイント・モールのポイントなど)と併用すればダブルでポイントが貯まります。

LINEポイントはアプリ内でチャージに使ったりスタンプを購入したり

他社のnanacoポイントやPontaポイント、メトロポイント、JALマイレージなどに交換できます。

たかが2%とは言え

普段使いだけでもLINEポイントはすぐに貯まっていくので

LINE Pay カードにチャージしてぐるぐる回していった方がより楽しめるような気がします。

1円玉や5円玉が増えなくなったし

あと1円足りなくて・・・またお釣りの小銭が増えてしまうこともなくなったし

カードにチャージした分しか使わないし

出かける時はスマホとLINE Pay カードだけ持ってれば不自由しないし

快適なキャッシュレス生活へと変わりました。

※LINE Pay カード限定の支払い100円毎に2ポイントが貯まるLINEポイント特典が2018年5月31日をもって終了しますとのお知らせが3月30日に入りました。カード決済から LINE Payのスマホ決済をメインとするLINEポイント特典サービスへ移行することになります。

スポンサーリンク
ads336
ads336

フォローする