LINE Pay カードの特典サービスが終了

スポンサーリンク
ads728

LINE が発行するプリペイドカードのLINE Pay カード、自分の銀行口座やローソン、セブン銀行ATMで必要な金額をチャージしておけば、JCBカードと同様に(一部店舗や一部のオンラインショップの決済を除いて)お買い物することが出来ます。

LINE Pay カードの最大のメリットは支払い(決済金額)100円ごとにLINE ポイントが2ポイントが貯まる2%還元。しかし、このLINE Pay カード限定の特典サービスがついに2018年5月31日をもって終了することがアナウンスされました。

スポンサーリンク
ads336

LINE Pay コード支払いに注力

もちろん6月1日以降もLINE Pay カードで買い物など支払い時に利用して決済することができますが、2%還元はなくなります。

6月以降はカード決済ではなく、QRコードやバーコードを読み取るスマホ決済をメインにLINE Pay のサービスを展開するということです。

LINE Pay 決済の特典は後日改めて発表されますが、もしポイント還元のサービスがあっても最大2%還元となる見込みとなっています。

現在、LINE Pay はローソンなどでQRコード決済で支払が出来ますが、利用金額に応じたLINEポイントの付与はなく、2%還元のLINE Pay カードでの支払いと比べると魅力が感じられませんでした。

また利用できる店舗が少なすぎるのも LINE Pay のコード決済が増えない要因だと思います。

LINE Pay 以外のコード決済の動向

先日、みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行の3大メガバンクが、QRコード決済で規格統一を連携するといった話題やNTTドコモの「d払い」によるQRコード決済への参入など、東京オリンピック・パラリンピックの前に利用できる場所を増やしたいといったような思惑が見えてくるようです。

今、LINE Pay 以外で街中で利用できるのは楽天Pay くらいでしょうか。

ドコモの d払いは、現在はQRコード・バーコードでの決済は利用できず、オンラインでの決済だけに利用できます。

中国人観光客がクレジットカードよりも「Alipay」や「WeChat Pay」を圧倒的に利用することと、決済システムが簡単なところや端末や機種を選ばないためキャッシュレスはスマホのコード決済で行こうと。

しかし日本では、クレジットカードにSuicaなど電子マネーカード、それらカードを取り込んだApple Pay やお財布ケータイのFeliCa、QRコード決済が乱立してくるとなおさらQRコード決済の普及が進まなくなってしまう気がするのは筆者だけだろうか。

LINE Pay カードもせっかく利用者が増えているのに、ポイント還元率が低くなるとSuicaやPASMOみたいに電車やバスにも乗れないし、わざわざプリペイドカードを利用するメリットが少なくなりそうです。

たしかにQRコード決済も友だちに送金も便利なんですが。使える店舗がほとんどないし、割り勘や送金もそんなに利用する機会はないと思います。

LINE Pay コード支払いでキャンペーン

LINE Pay 春のお買い物キャンペーンと銘打ってコード決済促進活動が始まりました。

2018年4月16日から5月31日までの期間中に、LINE Pay の加盟店でLINE PayのQRコードかバーコードで支払いをすると5%分のLINE Pay を還元するというもの。LINE Pay カードでの支払いは対象外です。

期間中のLINE Pay コードでの支払金額10万円(税込)が上限金額で、最大5,000円分までのLINE Pay 残高が還元されます。

対象となる店舗は、全国のローソン、上新電機、ゲオ、セカンドストリート、ココカラファインなどで、利用できるお店が少ないのが難点です。

LINE Payだけでなくコード決済が来日している中国人旅行者の様に普通の支払い手段の一つとなって日本国内で広く普及するかどうかのキーポイントも、コード決済できる店舗数がカード決済並になるかにかかっています。(4/16追記)

スポンサーリンク
ads336
ads336

フォローする