ドコモからLINEモバイルに乗り換えてスマホ料金を節約

LINEモバイルと格安スマホ

ドコモ本家の旧料金プランからLINEモバイルに乗り換えたら、毎月のスマホ料金(携帯電話料金)がどのくらい節約できるのかを計算しました。

出来るだけ同じ条件にするため、ドコモはシンプルプラン+パケットパック+SPモードの料金。

ずっとドコモ割や月々サポート、docomo withなどの割引、オプション料金、端末代金は考慮していません。金額は税別です。

ドコモの料金プランはギガホ・ギガライトに替わっていますが、まだまだ大多数の人が月々サポートがある旧料金プランを利用中ですので、旧料金プランでの差額の方が現実味があります。

ドコモからLINEモバイルに乗り換えてスマホ節約生活

ひとりでモバイルデータ通信が1GBまでの場合

ドコモのパケットパックは従量制料金のベーシックパック、データ消費量が1GBまでは2,900円+基本プランのシンプルプラン+SPモード。

LINEモバイルはデータ容量が1GBのLINEフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ドコモ 980円+300円+2,900円=4,180円
・LINEモバイル 1,200円

毎月節約できる金額は…4,180円-1,200円=2,980円(税別)

ドコモベーシックパックはデータ通信量が1GBを超過すると自動的に3GBまでの料金(4,000円)になります。

LINEモバイルのLINEフリープランはデータ通信量が1GBを超過するとLINEアプリのデータフリー対象を除いて通信速度が200kbpsに制限されます。

ひとりでモバイルデータ通信が3GBまでの場合

ドコモのベーシックパックはデータ消費量が3GBまでは4,000円+基本プランのシンプルプラン+SPモード。

LINEモバイルはデータ容量が3GBのコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ドコモ 980円+300円+4,000円=5,280円
・LINEモバイル 1,690円

毎月節約できる金額は…5,280円-1,690円=3,590円(税別)

ドコモベーシックパックはデータ通信量が3GBを超過すると自動的に5GBまでの料金(5,000円)になります。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランはデータ通信量が3GBを超過するとLINEと主なSNSのデータフリー対象を除いて通信速度が200kbpsに制限されます。

ひとりでモバイルデータ通信が5GBまでの場合

ドコモのベーシックパックはデータ消費量が5GBまでは5,000円+基本プランのシンプルプラン+SPモード。

LINEモバイルはデータ容量が5GBのコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ドコモ 980円+300円+5,000円=6,280円
・LINEモバイル 2,220円

毎月節約できる金額は…6,280円-2,220円=4,060円(税別)

ドコモベーシックパックはデータ通信量が5GBを超過すると自動的に20GBまでの料金(7,000円)になります。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランはデータ通信量が5GBを超過するとLINEと主なSNSのデータフリー対象を除いて通信速度が200kbpsに制限されます。

ひとりでモバイルデータ通信が10GBまでの場合

ドコモはパケットパックがベーシックパックとウルトラLパックがあります。ベーシックパックはデータ消費量が5~20GBまでは7,000円、データ容量が20GBのウルトラLパックは6,000円で繰り越しあり。どちらも+基本プランのシンプルプラン+SPモード。

LINEモバイルはデータ容量が10GBのコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ベーシックパック 980円+300円+7,000円=8,280円
・ウルトラLパック 980円+300円+6,000円=7,280円
・LINEモバイル10GB 3,220円

毎月節約できる金額は…
ベーシックパック 8,280円-3,220円=5,060円(税別)
ウルトラLパック 7,280円-3,220円=4,060円(税別)

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランはデータ通信量が10GBまで。データ容量を超過するとLINEや主なSNSのデータフリー対象を除いて通信速度が200kbpsに制限されます。

 

二人でモバイルデータ通信が10GBまでの場合

ドコモのベーシックシェアパックはデータ通信量が10GBまで9,000円+子回線のシェアオプション500円。基本プランのシンプルプラン+SPモードは2回線分。

LINEモバイルはデータ容量が5GB×2、または7GB+3GBのコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ドコモ (980円+300円)×2+9,000円+500円=12,060円
・LINEモバイル 5GB×2 2,220円×2=4,440円
・LINEモバイル 7GB+3GB 2,880円+1,690円=4,570円

毎月節約できる金額は…12,060円-4,440円=7,620円(税別)

LINEモバイルはデータ容量5GBを2回線契約した方がお得です。容量はデータプレゼントで分け合えます。

ドコモベーシックシェアパックはデータ通信量が10GBを超過すると自動的に15GBまでの料金(12,000円)になります。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランはデータ容量を超過するとLINEと主なSNSのデータフリー対象を除いて通信速度が200kbpsに制限されます。

二人でモバイルデータ通信が20GBまでの場合

ドコモはデータ通信量が15~30GBまでのベーシックシェアパック15,000円、またはウルトラシェアパック30の13,500円+子回線のシェアオプション500円。基本プランのシンプルプラン+SPモードは2回線分。

LINEモバイルはデータ容量が10GB×2回線でコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ベーシック (980円+300円)×2+15,000円+500円=18,060円
・ウルトラ (980円+300円)×2+13,500円+500円=16,560円
・LINEモバイル 10GB×2 3,220円×2=6,440円

毎月節約できる金額は…
ベーシック 18,060円-6,440円=11,620円(税別)
ウルトラ 16,560円-6,440円=10,120円(税別)

LINEモバイルはデータ容量をデータプレゼントで分け合えます。データ容量を超過するとLINEと主なSNSのデータフリー対象を除いて通信速度が200kbpsに制限されます。

家族3人でモバイルデータ通信が15GBまでの場合

ドコモのベーシックシェアパックはデータ通信量が15GBまで12,000円+子回線のシェアオプション500円×2。基本プランのシンプルプラン+SPモードは3回線分。

LINEモバイルはデータ容量が5GB×3、または7GB+5GB+3GBのコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ドコモ (980円+300円)×3+12,000円+1,000円=16,840円
・LINEモバイル 5GB×3 2,220円×3=6,660円
・LINEモバイル 7GB+5GB+3GB 2,880円+2,220円+1,690円=6,790円

毎月節約できる金額は…16,840円-6,660円=10,180円(税別)

LINEモバイルはデータ容量5GBを3回線契約した方がお得です。容量はデータプレゼントで分け合えます。

家族3人でモバイルデータ通信が30GBまでの場合

ドコモのウルトラシェアパック30はデータ通信量が30GBで13,500円+子回線のシェアオプション500円×2。基本プランのシンプルプラン+SPモードは3回線分。

LINEモバイルはデータ容量が10GB×3回線のコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ドコモ (980円+300円)×3+13,500円+1,000円=18,340円
・LINEモバイル 10GB×3 3,220円×3=9,660円

毎月節約できる金額は…18,340円-9,660円=8,680円(税別)

LINEモバイルはデータ容量をデータプレゼントで分け合えます。データ容量を超過するとLINEと主なSNSのデータフリー対象を除いて通信速度が200kbpsに制限されます。

ドコモ・ギガライトとLINEモバイルの差額

ギガホとギガライトの解約金が値下げ

ドコモの料金プラン、ギガホ・ギガライトは月額料金はそのまま解約金だけを値下げします。

2019年10月1日以降にギガホ・ギガライト・ケータイプランに申し込むと、2年契約の解約金を、9500円から1000円に値下げ。また2年契約ありとなしの月額料金差を1500円から170円に値下げ。

ギガホとギガライトは音声通話とデータ通信が一体となった料金プラン。

ギガライトはデータ量を使った分に応じて、1GBまで・3GBまで・5GBまで・7GBまでの4つのステップごとに月額料金が変わります。

1回線でモバイルデータ通信が5GBまでの場合

例えば、1回線で5GB未満、2年定期契約ありのギガライトとLINEモバイル5GBプランとの差額は

・ドコモ ギガライト 4,980円
・LINEモバイル 2,220円

毎月節約できる金額は…4,980円-2,220円=2,760円(税別)

年間33,120円の差額が発生します。LINEモバイルの料金プランは2019年10月以降も変更がありません。

2回線でモバイルデータ通信がそれぞれ5GBまで

2回線を契約してそれぞれ5GB未満だった場合、ギガライトとLINEモバイル5GBプランとの差額は

・ドコモ ギガライト2回線 4,480円×2=8,960円
・LINEモバイル 2,220円×2=4,440円

毎月節約できる金額は…8,960円-4,440円=4,520円(税別)

年間54,240円の差額が発生します。LINEモバイルではデータ繰り越しやデータプレゼントでデータ容量が分けあえます。

3回線でモバイルデータ通信がそれぞれ5GBまで

3回線を契約してそれぞれ5GB未満だった場合、ギガライトとLINEモバイル5GBプランとの差額は

・ドコモ ギガライト3回線 3,980円×3=11,940円
・LINEモバイル 2,220円×3=6,660円

毎月節約できる金額は…11,940円-6,660円=5,280円(税別)

年間63,360円の差額が発生します。ドコモのギガライトではデータ繰り越しがありません。また家族とデータ容量を分けあうことも出来ません。

ドコモからLINEモバイルで節約効果まとめ

シンプルに毎月のスマホ料金を比較するため、オプションサービス料や割引、スマホの端末購入費用などを含めない月額料金の差額です。

一人の場合は月に4,000円くらい、家族では毎月8,000~10,000円くらいの通信費が節約できるようになります。

毎月のスマホ料金(携帯電話料金)は、物や形として何も残らない電気・ガス・水道のように消えていってしまう費用です。

年間で5万円とか10万円が節約が出来たら、その分のお金を貯蓄や別の事に回せますね。

ドコモで新規契約したり契約変更する場合は、ギガホ・ギガライトの料金プランが適用されます。

タイトルとURLをコピーしました