ゆうちょ銀行・ゆうちょATMとゆうちょダイレクト

スポンサーリンク
ads728

ゆうちょ銀行は店舗と郵便局の窓口を合わせて日本国内に約24,100店舗、ゆうちょATMは約27,600台が設置されています(2017年3月現在)。都市銀行や地方銀行と同じように口座への預入・払出、振込や送金のほかにも公共料金の自動払込み、給与や年金の受け取り、代金の支払いや定期貯金などに利用されています。

郵便局は全国至る所にあるので、旅行や出張の時に急に現金が必要になった時に無料で引き出せるATMがあるのは凄く助かります。

スポンサーリンク
ads336

ゆうちょ銀行のATM

ゆうちょ銀行のATMはゆうちょ銀行のキャッシュカード・通帳で預入と払戻しが、曜日や時間帯に関係なくいつでも無条件で手数料が掛からないのが他の銀行にないメリットです。

ゆうちょ銀行のATMがあるのは、全国の各郵便局だけでなく、駅・空港、百貨店に大手スーパーやショッピングモールなどの商業施設、ファミリーマートなどに設置されています。

ファミリーマートに設置の「ゆうちょATM」ではゆうちょ銀行キャッシュカードの利用は24時間無料です。さらに「イーネットATM」でもゆうちょ銀行のキャッシュカードでの預入と払戻し手数料が一部時間帯(平日(8:45~18:00)と土曜日(9:00~14:00))に無料になります。(2018年1月15日から)無料の時間帯以外の預入と払戻には216円の手数料がかかります。

ファミリーマート設置の「ゆうちょATM」と「イーネットATM」は間違えないように注意してください。

ATMの営業時間は設置店ごとの営業時間で異なりますが、ファミリーマートに設置のATMは午前0:05~23:55までの利用ができます。また預入と払戻しだけでなくゆうちょ銀行のATMから振込み・電信振替、ペイジー料金払込など送金ができます。

ゆうちょ銀行のATM検索はこちら

スポンサーリンク
ads336

ゆうちょダイレクト(インターネットバンキング)

ゆうちょ銀行のインターネットバンキング(ゆうちょダイレクト)は、パソコン、スマホ、携帯電話、電話・FAXで自分のゆうちょ銀行の口座にアクセスして、入出金明細の照会や送金の手続きなどに利用します。

窓口やATMが閉まっていて利用出来ない土日や深夜でも、PCやスマホでインターネットにつなげれば残高照会や送金の手続きができ、送金先がゆうちょ銀行口座ならば即時入金した金額が相手先口座に反映されます。

残高照会、入出金明細の照会などに料金は発生しませんが、送金には手数料がかかる場合があります。

  • ゆうちょ銀行あて送金は月5回まで無料(6回目以降は113円)
  • 他金融機関あて振込は、5万円未満は216円、5万円以上は432円
  • ペイジーは収納機関等が料金を負担しない場合60円

送金等の際にはワンタイムパスワードの認証が必要で、トークンと呼ばれるワンタイムパスワード生成機に表示された1回限りのパスワードを入力するか、登録したメールアドレスに送信されたワンタイムパスワードを入力します。

ゆうちょダイレクトでできる内容は、照会・送金・貯金以外にも投資信託の取引による資産運用、デビットカードの申込み、1日のATM引き出し上限額等の引き下げや住所変更などがあります。

ゆうちょ銀行の口座開設は本人確認書類を持ってゆうちょ銀行の店舗か郵便局窓口まで。すでにゆうちょ銀行の総合口座通帳を持っていてインターネットバンキング(ゆうちょダイレクト)を利用したい方は窓口とWEBサイトのどちらからも申し込みできます。

ゆうちょダイレクトの申し込みはこちら

スポンサーリンク
ads336
ads336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする