医療脱毛とエステ脱毛はこんなに違う!どっちがいい?かはあなた次第

「医療脱毛とエステ脱毛はどっちがいいの?」

どっちにしようか迷っている人も多いかも知れませんね。

でも医療脱毛とエステ脱毛と言っても、クリニックやサロンによって使用する機械が違うし効果も料金もまちまちです。

だから、

効果と費用が希望に合うかどうかで選ぶのが大切です

 

どちらが良いかは結論を先に言うと、

エステサロンは美容目的で肌のお手入れするところ。ムダ毛を無くすことが目的ならば医療脱毛の方が満足できます。

エステの脱毛は減毛・抑毛の効果しかありません

 

また脱毛料金が「医療脱毛は高くて、エステ脱毛は安い」という事もなくなっています。

そうは言ってもミュゼプラチナムのキャンペーンを利用すれば両ワキとVラインの脱毛が安く始められますけど。。。

でもエステ脱毛は減毛・抑毛の効果しかないので、ある程度お金に余裕があるなら医療脱毛を選んだ方が早く脱毛が終わります。

エステや脱毛サロンはお客さんに継続してもらうのが目的。フレイアクリニックレジーナクリニックなど格安でお得な医療脱毛専門クリニックはエステ脱毛よりもおすすめです。

 

医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛とエステ脱毛の違いは、

  • 料金が高いor安い
  • 痛みが強いor弱い

ではなくて、永久脱毛ができるかどうかの効果の違いです。

医療脱毛もエステ脱毛もレーザーや光を照射することは変わりませんが、照射する出力の強さが違うため効果に違いが出ます。

効果が違うという事はそれだけ施術回数も少なくて済みます

 

エステサロンや脱毛サロンが行う脱毛は、一般的に光脱毛とか美容脱毛と呼ばれています。

IPL脱毛やプラズマ脱毛、SSC脱毛などとも呼ばれている光脱毛・美容脱毛はどれも減毛・抑毛の効果しかありません。

皮膚科や美容クリニックが行う医療脱毛は、レーザーを照射する機器の出力が強く不再生脱毛と呼ばれる永久脱毛ができます。

 

また医療脱毛を行うクリニックには医師が常勤しています。もし施術中や施術後に何らかの肌トラブルが発生しても適切な処置ができます。

医療脱毛は強力なレーザー光を照射して脱毛を行いますが、火傷や炎症などの肌トラブルのリスクも伴います。

一方、エステサロンや脱毛サロンは医療機関ではないため、医療脱毛で使用するような強力な医療用のレーザー機器が使用できません。

そのためエステ脱毛で使用する脱毛機は出力が弱く、一時的な減毛・抑毛の効果しか得られません。

また医療機関以外では「長期的に効果のある脱毛」は行ってはいけないとなっています。

つまりエステサロンや脱毛サロンの光脱毛では短期的な効果しかないということです。

 

とりあえず脱毛してみたいならエステ脱毛でもいい

美容皮膚科など医療脱毛の料金と脱毛サロンの広告を比較すると、脱毛サロンの方が安い金額で脱毛できる気がしますね。

脱毛サロンなどエステ脱毛の広告には

  • 「両ワキ+Vラインが通い放題で○○円!」
  • 「月額○○円で全身脱毛!」

といったキャンペーンや脱毛プランを見かけます。

 

しかし、脱毛サロンやエステサロンの脱毛は、抑毛・減毛の効果しかありません。

またその効果を持続するために長期間にわたってずっと通い続ける必要があります。

エステ脱毛で全身脱毛をすると、個人差がありますが数十回の施術回数とその回数分の費用がかかります。

さらに何回通っても満足する脱毛効果が得られないこともあります。

「とりあえず脱毛してみたい」という人は両脇など部位を限定すれば、エステサロンや脱毛サロンの脱毛でもOKですが、短期的な抑毛・減毛よりも永久脱毛したい人には、医療脱毛の方が早く効果が実感できるのでおすすめです。

 

永久脱毛したいなら医療脱毛がいい

永久脱毛を希望するなら最初から医療脱毛をした方がいいです。

エステの脱毛は部位や個人差にもよりますが、医療脱毛の3倍くらいの照射回数が必要です。

例えば脱毛サロンで月額9,500円の全身脱毛を契約した場合、2ヶ月に1回通っても毎月費用がかかるため長期間になればなるほど費用が掛かってしまいます。

また支払う総額が決まっている事も多くあります。

せっかく全身脱毛に何十万円も払ったのに・・・抑毛・減毛の効果しかなかったなんて悲しすぎますね。

結局、医療脱毛に乗り換えてしまう人も増えています。

全身脱毛でなくても手足やVIOなど気になる部位をずっとツルツルにしたい場合も、医療脱毛がエステ脱毛より経済的で安全で、ずっと通い続けるといったストレスも感じません。

 

エステ脱毛も痛みがある

「医療脱毛は痛くて、エステ脱毛は痛くない」なんてことはありません。

確かに照射する出力を下げればそれだけ痛みは少なくなります。でもエステ脱毛だから痛くない、ということは全然ありません。

また医療脱毛もエステ脱毛にもショット式と蓄熱式の2つの脱毛方法があります。

  • ショット式は毛根を狙って破壊する脱毛方法
  • 蓄熱式は発毛因子のバルジ領域をじっくり温めて破壊する脱毛方法

一般的にはショット式は痛みを伴い、蓄熱式はほとんど痛みを感じません。

また蓄熱式はSHR方式と表示されている場合もあります。

照射の時の痛みが気になる場合は、蓄熱式の脱毛を選ぶといいです。医療脱毛にもエステ脱毛にもどちらにも蓄熱式脱毛があります。

またショット式でも医療脱毛の場合は、麻酔クリームや笑気麻酔を使用すれば痛みが抑えられます。

蓄熱式の医療脱毛にはフレイアクリニック、蓄熱式のエステ脱毛にはストラッシュがあります。

 

施術回数と脱毛が終わるまでの期間

施術回数は個人差のほかに、ムダ毛の太さや濃い薄いなど脱毛する部位によっても効果の現れ方が違うため、脱毛に必要な回数が違ってきます。

エステ脱毛では永久脱毛が出来ないので、2,3年たってもなかなか脱毛の終わりが見えません。

医療脱毛ではどの医療レーザー脱毛機を使用しても脱毛効果はエステ脱毛よりも早く実感できます。

医療脱毛は照射時のレーザーの出力にも左右されますが、

  • 顔やVIOは8~10回程度の施術回数
  • 腕・脚・脇・背中・胸・腹・尻といった部位は5~6回の施術回数

が必要とされています。

もちろん使用する機種によっても異なります。

ただ脱毛プランの施術回数が少ないと、医療脱毛でも脱毛が終わっていない場合もあります。

そういった場合は部位に応じた施術回数や5回コースなどの脱毛プランが終了した後の保障がある美容皮膚科やクリニックの医療脱毛がおすすめです。

 

一般的には脱毛が完了するまでの期間が短いほど脱毛効果が高い医療レーザー脱毛機を使用しているといえます。

またダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー、ショット式と蓄熱式など脱毛機の種類や波長によっても効果には違いが出ます。

メラニン色素に強く反応するショット式や産毛や日焼け肌でも脱毛できる蓄熱式など種類はさまざまです。

脱毛完了までの期間が短い美容皮膚科やクリニックの中には、脱毛効果の違う複数の医療脱毛機器を使い分けて施術しているクリニックもあります。

医療脱毛を選ぶ時に使用する医療レーザー脱毛機や施術回数と期間、追加でかかる費用を明示しているクリニックがおすすめです。

 

最後はあなたの希望次第

医療脱毛とエステ脱毛はどっちがいいか?

永久脱毛が目的なら医療脱毛を選んだ方がいいとおすすめしています。

でも、どこまで脱毛したいのか、支払える金額によってもどっちがいいかは異なります。

  • 薄くなればいい
  • ワキ脱毛とVIO脱毛を数百円で通いたい

といった場合はミュゼプラチナムを選んだ方が良いとも言えます。

最後はあなたの希望次第。

ミュゼプラチナムの激安キャンペーンを切っ掛けに脱毛を始めた人もたくさんいます。

ただ途中で他の部位の脱毛を契約しないように。脱毛の効果や予約が取れるかどうかをちゃんとチェックしてからにしましょう。

後で永久脱毛したくなってエステ脱毛から医療脱毛に乗り換えている人も増えています。

 

まとめ

一口に脱毛と言っても、医療脱毛とエステ脱毛は大きな違いがあります。

  • 医療脱毛は永久脱毛が可能
  • エステ脱毛は脱毛と言っても減毛・抑毛の効果のみ
  • 医療脱毛の料金が安くなって医療脱毛とエステ脱毛に金額差がない
  • 医療脱毛は施術回数が少なく、エステ脱毛より安くなることも
  • 医療脱毛もエステ脱毛も安いところもあれば高いところもある
  • 医療脱毛とエステ脱毛はどっちが良いかは自分の希望次第

痛みが少なくて格安で予約が取りやすい医療脱毛ならフレイアクリニックがおすすめです。

予約が取りやすい医療脱毛ならフレイアクリニック・脇脱毛から全身まで
おすすめの医療脱毛で予約が取りやすいクリニックを知りたいですか?本記事ではフレイアクリニックの予約の取りやすさ、脱毛機と痛み、料金の安さと脱毛メニューついて解説しています。これから医療脱毛を始めたい方とエステ脱毛から乗り換えたい方は必見です。
タイトルとURLをコピーしました