ドコモのスマホ決済・d払いでキャッシュレス化を推進

スポンサーリンク
ads728

2018年4月25日にドコモがモバイル決済サービスの「d払い」をスタートさせます。すでにドコモから4月開始予定とアナウンスされていましたが、LINE Pay のQRコードの記事中でも「d払い」について少し触れましたが、d払いがオンライン決済に加えてd払いアプリによるQRコード決済とバーコード決済に対応します。

d払いの支払い方法は、毎月のドコモの料金と合算しての支払いと登録したdカードなどのクレジットカードでの支払いが選べます。

dポイントは支払金額200円ごとに1ポイントが貯まり、dポイントを1ポイント=1円として支払い時に利用できます。オンライン決済では100円毎に1ポイントが貯まります。

スポンサーリンク
ads336

d払いの利用方法

d払いの利用にはdアカウントが必要ですが、ドコモユーザーでなくてもdアカウントを持っていればd払いアプリの利用が出来ます。ドコモ以外のユーザーの場合はドコモの電話料金と合算して支払うドコモ払いは利用できません。また電話料金合算払いには、ドコモの回線の契約とspモードまたはiモード契約が必要です。

d払いで使用するアプリは、Android端末はGoogle Play から、iPhoneは App Storeからダウンロードして初期設定を済ませると利用することが出来ます。Suica やPASMOなどの電子マネーやLINE Pay のように利用する前にチャージしておく必要がありません。

お店での支払い時は、レジでスマホに表示させたQRコード・バーコードの画面を表示してタブレットまたはPOSレジでコードを読み取ってもらだけ。紙のレシートはありませんが、決済画面が表示されレシートメールが届きます。

d払いの導入店舗は2018年度中に10万店舗以上に

d払いのコード決済サービスの開始は4月25日ですが、普及への課題はd払いアプリが利用できる店舗数が少なすぎること。アーバンリサーチ5店舗、ストライプインターナショナルのkoe1店舗、高島屋3店舗、タワーレコード3店舗、ロイヤルホールディングスのGATHERING TABLE PANTRY馬喰町店の1店舗のみ。

4月30日にはツルハグループのツルハドラッグ、くすりの福太郎、ウォンツ、ドラッグストアウェルネス、レディ薬局の9割以上の店舗で開始予定ですが、dポイントが貯まったり使えたりするローソン全店は8月から9月開始予定となっているため、d払いがどこまで普及し浸透していくのかには時間が掛かりそうですが、2018年度中に10万店舗以上に拡げる予定だそうです。

4月25日以降、d払い開始を記念してdポイントが2倍になったり、最大1万ポイントが当たったりするキャンペーンも開催されます。d払いアプリ ポイント2倍 キャンペーンは6月30日まで、d払いアプリリリース キャンペーンは9月30日まで。

※2018年9月11日からローソン全店で「d払い」が利用できます

スポンサーリンク
ads336
ads336

フォローする